罰金制度の有無と基準

ほとんどのデリバリーヘルスなどの風俗店には、キャバクラのような罰金制度は設けられていません。とは言うものの、一部のお店では、罰金制度が採用されています。罰金制度がある風俗店の場合、せっかく一生懸命に働いても、ペナルティの金額が徴収され、その分手取り金額が少なくなってしまうので、その点は注意する必要があります。

しかしながら、言うまでもありませんが、罰金の徴収対象となるような行為をしなければ、ペナルティが科されることはありません。また、一口に罰金制度と言っても、その基準の厳格さや徴収される金額は、風俗店によって違いがあります。さらに言えば、罰金制度があっても、高額な報酬が用意されている風俗店の方が、罰金が無く、報酬が安いお店よりも稼ぎやすいというケースも存在します。

そのような状況の中で、働く風俗店を選ぶに際しては、罰金制度の有無だけではなく、その基準や罰金の額、報酬金額とのバランスまでもチェックして、適切な判断をすることが大切です。とは言いながらも、一般的な風俗店では、プレイ時間を勝手に短縮するといった行為をせず、真面目に働いていれば、罰金を徴収されることはありませんので、どうぞご安心下さい。