ノルマなどと風俗求人

キャバクラのような罰金制度が設けられた風俗店は、風俗求人にはほとんど存在しませんが、一部には、例外も存在します。罰金制度は、その適用対象となった場合、手取り金額が少なくなってしまうという問題があります。とは言え、罰金を徴収されるような行為に及ばなければ、その心配は要りません。また、罰金制度の基準や徴収金額は、お店ごとに違いがあるので、それらの条件によっては、罰金制度のあるところの方が、無いところよりも稼げるという場合もあります。

通常の風俗店では、正当な理由もなくプレイ時間を短縮するなどの行為に及ばない限り、罰金を徴収される心配はありません。また、罰金制度があっても、その基準や金額が無理のない範囲内のものであれば、仕事に支障を来たすことはありません。とは言うものの、中には、金銭の搾取を目的として、厳し過ぎる罰金制度があるお店もあります。さらに、そのような制度があるにもかかわらず、女の子に敬遠されるのを恐れて、本入店するまで事実を隠しておく場合もあるようです。また、子どものいる女性は、子どもが急病にかかり、自分がサポートしなくてはいけないこともあり得るので、そうした場面を想定して、欠勤時の罰金がないお店で働くのもおすすめです。

このサイトでは、風俗店のノルマや罰金制度に関するさまざまな情報をお届けしてまいります。それらの取り決めがあるというだけで、悪質なお店と判断することはできませんので、当カテゴリーで詳しくチェックしてゆきましょう。